エターナルグリーン

珍しい寿司、その名も「ハローキティーいなり」

2012/8/12
わさび稲荷、ごま稲荷、黒稲荷など、日本各地に点在する稲荷寿司の種類は200以上ともいわれており、一緒かけてそれらを食べ歩くレポートがしたいほど。

しかし、定番ではなく、突如として現れる期間限定、売り切れ限りのような逸品がたまに登場します。

それがこの「ハローキティーいなり」です。


全国どこを探してもそうは目にすることはないでしょうし、サンリオキティーランドでも、これは売ってないでしょう。

1つ95円で5個入り475円。

原価を考えるとかなり利益率が乗っていそうですが、これはキャラクターライセンス費用だと思いましょう。


味は通常の稲荷寿司と同じで、普通に美味しい。
ただ、売れ残っていました・・・

ここは恵比寿。
ややハイソな子供達は、キティーの稲荷だからといって飛びつくことないほど冷めているのか・・・


◇◇◇ コラムリストへ ◇◇◇




エターナルグリーン 未来経済研究所TOPページへ戻る
最終更新日:2017/10/19



英語に翻訳

中国語に翻訳