エターナルグリーン

誰もいない港と海へ

2013/6/27
数ある国内のビーチの中でも、個人的に最も好きな場所。

それが船浮集落にあるイダの浜です。

今年も少し早目の夏休みとしてやってきました。


東京羽田から石垣空港、離島ターミナルから西表島上原港へ、そして白浜・船浮までの合計10時間。

西表島まではかなりの人数が船に乗船していましたが、船浮までご一緒したのは結局3人。
内2人は現地のスタッフ。

観光客は私一人というわけです。


決して不人気というわけではなく、単に遠いから。
ここに来たら、他の場所へ行くのは難しくなるので丸1日必要ですからね。


海もいいけれど、素朴な港も魅力的。
飾らず、かっこつけずとも、ありのままの姿で全てを受け入れてくれる場所、それが船浮港です。


素朴すぎて不便な場合もあるけれど、年に1度くらいはこうした「不便な日」を設け、日ごろの利便性への感謝を大切にしたい。


◇◇◇ コラムリストへ ◇◇◇




エターナルグリーン 未来経済研究所TOPページへ戻る
最終更新日:2017/10/19



英語に翻訳

中国語に翻訳